認知症サポーター養成講座を開催します

 厚生労働省では、認知症高齢者等にやさしい地域づくりを推進していくため、「新オレンジプラン」を策定しました。
このプランのひとつの柱に「認知症への理解を深めるための普及・啓発の推進」があり、認知症サポーターの養成が進められています。
 「認知症サポーター」とは、何か特別なことをするわけではなく、認知症に関する正しい知識を持ち、自分のできる範囲で認知症の方やご家族を温かく見守り、応援するサポーターのことです。「認知症サポーター養成講座」を受講すると、誰でも認知症サポーターになれます。

認知症サポーター養成講座
■日時   令和4年10月28日(金) 午後2時~3時30分
■場所   寄居町役場7階 研修室B
■内容   認知症の基礎知識、認知症の方への接し等
■対象   寄居町に在勤・在住の方
■申込   令和4年9月12日(月)~10月24日(月)まで
■定員   20名(予約制・先着順)
■持ち物  筆記用具

【問い合わせ・申し込み先】
地域包括支援センター 寄居町社会福祉協議会
住所:寄居町保田原301
電話:048-581-8548
担当:佐藤・黒瀬