ヘッダーを飛ばし本文へ

トップページ > ボランティアセンター

ボランティアセンター

 ボランティアセンターは社会福祉協議会の中に設置され、ボランティア活動への参加を町民の皆様に広くお呼びかけするとともに、活動を推進するために様々な支援を行っています。

1.主な事業紹介

①ボランティア相談・調整・紹介

 センターでは、ボランティアをしたい、受けたいというご相談に応じ、活動先や協力してくれるボランティアとの調整を行い紹介します。個人でも団体でも結構です。お気軽にご相談ください。

受付時間 平日 午前9時~午後4時

②ボランティア養成講座

 センターでは、町民の皆さんにボランティア活動へ参加いただく機会を提供するため、毎年講座を開催しています。寄居町広報や社協だよりでもご案内いたしますので、お気軽にご参加ください。

③ボランティア体験プログラム事業

 毎年夏休み(7月・8月)を中心に、ボランティア活動を手軽に体験できるこの事業は、センターで用意する活動メニューの中から、ご自分でやってみたいボランティア活動を選んでいただきます。1日体験でも大丈夫です。はじめの一歩を踏み出すきっかけには最適です。

④ボランティアグループ活動支援

 私たちのまちには、多くのボランティアグループがあります。皆さんが活動しやすいように、活動費の助成やグループ連絡会議の開催を通じて活動を支援しています。

ボランティアグループ一覧

2.ボランティア活動保険

 全国社会福祉協議会が運営するボランティア活動保険への加入窓口となっています。

加入・活動要件などの詳細については、全国社会福祉協議会HPへ
(http://www.fukushihoken.co.jp/)

受付時間 平日 午前9時~午後5時
申込に必要な物 印鑑、保険料
※複数人で申し込む場合は、申込書項目に氏名、年齢欄がございますので、ご確認いただいた上で、来所ください。

3.収集ボランティア

 ボランティアセンターでは、使用済み切手と書き損じ葉書の回収を行っており、皆様から寄せられる切手や葉書を、盲養護老人ホームひとみ園へお届けしています。
 使用済み切手は、収集家に購入していただくことで換金され、必要な用途に活用されています。
 誰もが少しの気遣いでできる身近で簡単なボランティア活動として、ご家庭の使用済み切手を処分せずに、取り組んでみてはいかがでしょうか。

  • 回収場所
    ①社会福祉協議会、またはかわせみ荘
    ②役場健康福祉課
    ③郵便局
  • 切手収集のポイント
    ①切手の周囲を5㎜~1㎝程度残し、切り取ってください。消印が鮮明に残っている場合は、消印を残して切り取ってください。
    ②折り曲げたり、破いたりしないよう注意しましょう。
    ③葉書に印字されている切手は回収できません。
    ※使用済み切手と同様の方法で換金されるプリペイドカードやテレフォンカード等のカード類は、回収団体の減少から、現在、取り扱っておりませんのでご了承ください。

4.ボランティア提供サービス

①友愛訪問ボランティア(月1回)
 ひとり暮らし高齢者宅を訪問し、お話し相手になります。
②友愛電話ボランティア(月1回)
 ひとり暮らし高齢者宅に電話し、お話し相手になります。
③点字・朗読ボランティア
 視覚障がい者の生活支援として、広報誌や社協だより等の点訳活動、音訳活動を行います。

料金 無料
申込 本会までお問い合わせください。

ページの先頭へ