ヘッダーを飛ばし本文へ

トップページ > 事業紹介 > 福祉教育の取り組み

福祉教育の取り組み

福祉協力校事業

 児童生徒の思いやりの心を育む福祉教育を推進するため、町内小中学校全校を福祉協力校に指定し、事業費を補助し、福祉体験教育を実施いただいています。福祉体験の講師は、技能ボランティアが協力しています。

福祉標語募集事業

 町内小学校の5・6年生全員を対象に福祉標語を募集し、福祉について考える機会を設定するとともに、優秀作品を顕彰します。

福祉体験教室の開催

 地域の自治会、公民館、PTAなどの研修の一環として、車イス介助などの福祉体験教室を開催し、福祉に関する理解を深める事業として実施しています。

ページの先頭へ